蘇るIBM Space Saver Keyboard II

ここ8年ほど仕事でIBM Space Saver Keyboard II(RT3200)を使用し続けております。
自宅用にひとつ持っていましたが、長年愛用してきたThinkPadT60のキーボードタッチも捨てがたく、ずっとビニール袋に入れてしまっておりました。
今春、ThinkPadT460に買い替えたのですが、どうもこの新しいキーボードが私にはイマイチな感じ。トラックポイント…というより左右のクリックボタンについては「押した!」感が薄くてなーんかストレス増えるわこれ。

そこでRT3200の存在を思い出し、袋から出してきて、あーでもないこーでもないと試行錯誤の末に使うことができました。

Keyboard
Keyboard

以下、備忘録です。お読みになって適用なさる場合は自己責任でよろしくお願いします。

まず、RT3200のキーボードとマウスがそれぞれPS/2コネクタ形状なので、USBに変換する必要があります。
これにはエレコムのPS2USB変換ケーブル「USB-P2KM」を使いました(上の写真の白いやつね)。

また、ThinkPadT460は標準だとCD/DVDドライブが無かったりしている事もあって、多くの周辺機器とUSB接続しております関係上、「USB-P2KM」の先はサンワサプライのGigabit対応LANアダプター内蔵USB3.0ハブ「400-HUB022」(上の写真のThinkPadT460上に乗ってる黒い物体)を経由してつないでおります。

ThinkPadT460のOSはWindows10 Pro 1607 の 64ビットです。

RT3200を使うためにはデバイスドライバ2つ(v5kyb04us17.exe、v2kyb03us17.exe)のインストールと、センターボタンでスクロールを可能にするためのフリーソフトをインストールする必要がありました。
(以下3つのソフトすべて、ダウンロード元にはWindows10の文字が全く見つけられなかったので、くどいようですが適用なさる場合は自己責任でよろしくお願いします。)

【1】v5kyb04us17.exeをダウンロードしてインストールします。
ダウンロードして実行すると解凍されます。
私の場合64ビットOSなので解凍先よりC:\SWTOOLS\DRIVERS\KYB\v5kyb04us17\vista\x64\setup.exeを実行してインストールします。

【2】v2kyb03us17.exeをダウンロードしてインストールします。
ダウンロードして実行すると解凍されます。
やはり64ビット機なので解凍先よりC:\SWTOOLS\DRIVERS\KYB\v2kyb03us17\WinWDF\x64¥setup.exeを実行してインストールします。

【3】センターボタンでスクロール可能にするソフト「Wheel Ball
私の場合、コンピューター起動時に自動起動してほしかったので、スタートアップにショートカットを置きました。

Wheel Ball設定は以下の通り。

Wheel Ball マウスタブ
Wheel Ball マウスタブ

マウスのタブで「Button 2(中ボタン)」を選択しておきます。

Wheel Ball 水平ホイールタブ
Wheel Ball 水平ホイールタブ

水平ホイールのタブで「水平ホイールを使用する」にチェックをつけ、ホイール速度を自分の好みに合わせて調整します。

Wheel Ball オプションタブ
Wheel Ball オプションタブ

オプションのタブで「常にカーソル下のウィンドウをホイール」にチェックをつけ、OKをクリックします。

元がPS/2端子ですのですべてを接続したままいったんThinkPadT460を再起動します。

以上の設定で、現在のところは自分の希望通りに動作しております。

しかし、今後のWindows10のアップデートでどうなっちゃうのかなーという不安もあったりして。

くうちゃん

くうちゃん
くうちゃん

家族です。

もう、かなりお年寄りですが、元気なチワワ君です。

 

【コロッケの日】ローソン、セブン、ファミマのコロッケを食べ比べてみた / ファミマが圧倒的に高コスパなことが判明! | ロケットニュース24

【コロッケの日】ローソン、セブン、ファミマのコロッケを食べ比べてみた / ファミマが圧倒的に高コスパなことが判明! 中澤星児 2時間前 コメント0リーズナブルでウマい庶民の味方・コロッケ。どこにでも売っていて、味の安定感が抜群なコロッケこそ、ワーキングプアが取りざたされる現代社会において、真の救世主と言えるのではないだろうか。コロッケはキリストより人を救っている。本日5月6日は、そんな救世主の記念日「コロッケの日」である!

情報源: 【コロッケの日】ローソン、セブン、ファミマのコロッケを食べ比べてみた / ファミマが圧倒的に高コスパなことが判明! | ロケットニュース24

端午の節句、「しょうぶ湯」の起源とは?

端午の節句、「しょうぶ湯」の起源とは?Huffpost Japan | 執筆者: 濵田理央(Rio Hamada)投稿日: 2017年05月05日 20時18分 JST 更新: 2017年05月05日 20時18分 JST シェア 0 ツイート コメント 0印刷5月5日の端午の節句は、その時期に栄える菖蒲をふんだんに用いることから、「菖蒲の節句」とも呼ばれる。行事の一つとして、子どもたちの健康を願って菖蒲の葉を入れて沸かした「しょうぶ湯」が、毎年全国の銭湯や温泉で楽しまれている。

情報源: 端午の節句、「しょうぶ湯」の起源とは?

どうやって弾くの? 変態すぎる奇形ギター12選|ギズモード・ジャパン

どうやって弾くの? 変態すぎる奇形ギター12選2017.05.05 21:04 カテゴリー:Entertainment タグ:動画楽器音楽エンターテインメント シェア ツィート LINEで送る Pocket ブックマークどうやって弾くの? 変態すぎる奇形ギター12選 1これらが弾けたら変態ギタリストと呼ばれるでしょうか? 一般的にギターと言うとボディーがあってネックが1本、そして6本の弦が張られています。しかし世の中いろんな変形・奇形ギターを作る人たちがいるもので、そういうのを俗に「変態ギター」なんて呼んだりするんですよね。ということで、今回は驚きと尊敬、時として笑いの要素も兼ね備えた変態奇形ギターを独断で12選お届けします。

情報源: どうやって弾くの? 変態すぎる奇形ギター12選|ギズモード・ジャパン

SSHのポート番号が「22」に決まった経緯を開発者のTatu Ylonen氏が公開 – GIGAZINE

SSHのポート番号が「22」に決まった経緯を開発者のTatu Ylonen氏が公開Secure Shell(SSH)は安全にリモートコンピューターと通信するためのプロトコルで、当時、学生だったTatu Ylonen氏が開発した技術です。SSHのデフォルトのポートは「22」番が指定されていますが、22番に決まった経緯について、当時のメールを使ってYlonen氏が明らかにしています。SSH Porthttps://www.ssh.com/ssh/port1995年にフィンランドのヘルシンキ工科大学の学生だったYlonen氏は、別のマシンに安全に接続するためのプログラムを書いていました。当時、リモートホストのシェルを利用する既存のプロトコルとしてTelnetやFTPがありましたが、いずれもパスワードを平文でネットワーク上に送信しているため、セキュリティ面に難がありました。そこで、Ylonen氏は、TelnetやFTPに代わるプログラムを設計しようと考え、「Secure Shell(SSH)」を開発しました。FTPが使うポート番号は「21」、Telnetで使うポート番号は「23」で、その間の「22」が使われていなかったことから、Ylonen氏は自身のテスト環境では22番ポートを使ってSSHの開発を行ったそうです。当時はまだインターネットバブル(ドットコムバブル)も到来していない初期のインターネット時代であり、ポート番号の割り当てはInternet Assigned Numbers Authority(IANA)が行っていました。つまり、Jon Postel氏やJoyce K. Reynolds氏などのインターネット技術のパイオニア的存在の重鎮たちが決定権を握っていたというわけです。こうした重鎮の面々は、Ylonen氏にとって恐ろしい存在だったとのこと。SSH-1.0を公開する直前の1995年7月10日に、Ylonen氏はIANAに向けて1通のメールを送りました。それは以下の通りの文面で、「安全な通信をするためのプログラムを書いていること」「ソフトウェアは多くの人に使ってもらえるように無料で配布する予定であること」「1から255の範囲内の特権ポートを取得したいこと」「ソフトウェアのサービス名は『SSH』であること」を書いた上で、「現在、ベータテストではポート番号『22』を使用しています。まだリストに割り当てられていない番号を使う事ができれば素晴らしいことです」という一文が添えられました。翌日、Ylonen氏のメールボックスにはReynolds氏から「ポート番号22はSSHに割り当てました」というメールが届いたとのこと。メールを受け取ったYlonen氏は1995年7月12日午前2時32分にヘルシンキ工科大学で最終ベータ版を発表し、午後5時23分にssh-1.0.0パッケージを公開し、ニュースグループやメーリングリスト、インターネット上で議論している著名人に宛ててメールをSSHのリリースを告知したそうです。その後、Ylonen氏はSSHを製品として販売できないかという問い合わせを受けた結果、SSH Communication Securityを設立し、わずか5年で売上2000万ドル、従業数190人の組織にし、SSHを現在も多くの通信で使われるプロトコルに育て上げました。SSHのデフォルトポート番号に22が使用されている背景には、フィンランドの学生からの1通のメールを受けて詳細な技術を見ることなく、ポート番号22を割り当てるという決定を下したIANAの驚きの判断があったようです。

情報源: SSHのポート番号が「22」に決まった経緯を開発者のTatu Ylonen氏が公開 – GIGAZINE

ちびすけ

奥さんいわく「グリーンベットのような気がするが…」

とにかく小さくてかわいいです。

鉢の下になっている金属の皿ようなものはボトルキャップです。

そう、すんごい小さいのです。